推進地域からのラブコール

「ODAWARA FOREST BASE」を展開。アウトドア関連事業者、旅行会社、鉄道・バス会社との連携・協力を求めています。

神奈川県小田原市 いこいの森共同事業体

掲載日:2020年12月18日

地域における「森林サービス産業」創出の戦略・ビジョンの策定状況

小田原市には、弊団体が指定管理者を務める小田原市いこいの森をはじめとして、周辺には小田原こどもの森公園わんぱくらんど、フォレストアドベンチャー・小田原など様々な森林総合利用施設があります。これらの森林を活用した施設が連携・協働して、「健康」、「教育」、「観光」の拠点「ODAWARA FOREST BASE」として展開します。特に、東京都、横浜市、川崎市などの都市部からの誘客を図り、小田原市全体の交流人口増、魅力向上に寄与します。  

地域における「森林サービス産業」の取組状況

いこいの森は、キャンプやBBQのほか森林環境教育などを実施しており、わんぱくらんどは、アスレチックなどの遊具が充実しています。フォレストアドベンチャー・小田原及びフォレストバイクでは、森林を活用してジップラインやMTBなどのアクティビティを提供しています。 

活用するフィールド・施設等の概況と今後の拡充・改良予定

活用するフィールド施設等の概況については、添付資料①~④のとおりです。今年度、いこいの森を一部オートキャンプ場へと改良しました。今後、キャンプ場やバンガローに電源を引くことや、敷地の一部をMTBコースとしても開放する予定です。 

探しています!

アウトドア用品等を取り扱う事業者や箱根などの近隣地域のアウトドア事業者との連携、また、ツアー旅行や小中学生の遠足等の誘致のため、旅行会社や鉄道会社・バス会社などとも連携・協力していきたいと考えています。 

わたしたちの課題

全般

各施設間のさらなる連携・協働体制の構築、「ODAWARA FOREST BASE」のコンセプト及び取組内容の深化と今後のプロモーション戦略を検討したいです。

観光

当該地域は、集客力はあるものの、それが小田原市街の観光客増につながっていないと感じており、来場者を街中へ回流させる仕組みづくりが必要です。また、都市部へのプロモーション活動については、さらに積極的に行っていく必要があります。 

健康

いこいの森は、その大部分が森林で、森林散策や森林セラピーなどに最適な場所ですが、長年各種整備が行き届いていない状況ですので、樹種転換も視野に入れた森林整備や歩道等の新設・改修を行っていく必要があります。

教育

森林のガイドや森林環境教育の指導ができる人材の確保・育成が必要です。特に、市民への普及啓発活動のため、市民からの育成が理想的であると考えています。また、都市部からの小中学生の社会科見学や遠足の誘致活動を検討しています。 

連携・協働団体

連携・協働団体(地方自治体)

小田原市

連携・協働団体(その他)

わんぱく・辻村共同事業体

この地域・自治体に問い合わせ

※企業・団体のかたは、以下のフォームからお問い合わせください。

    企業・団体名

    担当者氏名

    問い合わせの種類

    メールアドレス

    メッセージ本文
    いただいた内容は事務局より地域の担当者へ転送いたします。
    より具体的な返答ができるように、企業・団体の皆さまは、地域とどのような支援・取り組みを行いたいかをできるだけ詳細にご記入ください。