みんなのForestStyleブック

遊ぶ、食べる、泊まる……
別荘地で「もりぐらし」を体験!

東急リゾートタウン蓼科 (長野県茅野市)

東急リゾートタウン蓼科は開業以来40年の歴史ある別荘地。別荘、ホテル、ゴルフ場、スキー場などを備えた複合リゾートの草分けとして知られています。そんな蓼科が開業40周年を機に、「森と遊ぶ」「森で食べる」「森に泊まる」の3要素を「もりぐらし」と位置付け、新しい別荘地に生まれ変わりました。

「森と遊ぶ」では、フランス発の自然共生型アウトドアパークの「フォレストアドベンチャー蓼科」がオープン。標高1300mなので夏も涼しく、森林空間の空中散歩やジップスライドなどが人気で、アドベンチャーコース、キャノピーコース、キッズコースなど年代別にも楽しみを用意。遊んだ後は「グラマラスダイニング蓼科」でグランピングスタイルで「森で食べる」。さらには日中は住宅展示場で夜は宿泊施設となる「クラスベッソ蓼科」で「森に泊まる」ことも。

現在はさらに、「森で癒す」「森で働く」「森で暮らす」を加えて、「もりぐらし」を充実させています。森の中の温泉やマッサージ、森林浴体験などができる「森で癒す」、テレワークや研修。ワーケーションに活用する「森で働く」、別荘オーナーとなったり、別荘体験を楽しめる「森で暮らす」。ここに来れば、森と暮らすさまざまなライフスタイルを体験でき、自分に合ったフォレストスタイルを見つけられそうですね。

関連情報



ページの先頭へ戻る