支援施策・推進体制

環境省 自然環境局国立公園課

国立公園における地場産品等の提供促進事業

趣旨・対象等

効果的なコンテンツの整備による訪日外国人客数の増加や訪日外国人旅行消費額の増加を促進します。
対象公園は34国立公園です。

対象事業主体

民間事業者による協議会等

事業費上限・補助率

補助率1/2

支援内容

国立公園らしい「食」「お土産」の開発及び国立公園の景観保全にも資する持続可能な産業の推進のための補助。農林水産省とも連携予定。
  1. 地域一体となった観光商品の開発・高付加価値化に係るコンサルティング、計画策定
  2. 観光商品の開発及び公園事業施設等における販売体制構築
  3. 多言語での暮らしや文化、歴史の紹介、キャッシュレス化
  4. 体験プログラムの実施
  5. 売り上げ還元の仕組み構築

支援可能な項目

構想段階

地域資源調査・発掘 直接支援
マーケティングリサーチ 直接支援
推進体制・地域プラットフォームの構築 直接支援
人材の獲得 事業の一環として支援
人材の育成 直接支援
専門家紹介・派遣 事業の一環として支援
連携・協働先の開拓・紹介 事業の一環として支援
戦略・計画立案 直接支援

準備段階

健康・教育・観光等のプログラム開発 直接支援
施設整備 対象外

事業化段階

マーケティング・プロモーション・情報発信 直接支援
都市部の顧客層とのマッチング促進 対象外
施行事業の実施・検証 直接支援

詳しくはこちらをご覧ください

令和2年度 国立公園における地場産品等の提供促進事業(補助事業)について
https://www.env.go.jp/nature/2020/03/24/%20http:/pwcms.env.go.jp/nature/np/ryokakuzei00/index.html%20/mat05-1.pdf
ページの先頭へ戻る